ブログランキング「ビジネス英語」部門3位! (9/8現在)

第39回 おすすめTEDトーク⑧「貯金を助ける3つのアイデア」

英語学習編その39

この記事のはじめに

Nory
Nory
こんにちは!Nory(@nori_frog)です(^^)

英語学習におすすめの無料教材であるTEDトークの中から、おすすめテーマのプレゼンを今回もご紹介します!

内容は「 あなたの貯金を助ける3つの心理学的アイデア」についてです。

 

今回はビジネスの話題ではありませんが、心豊かに、前向きに生きるために お金ってどうしても切り離して考えられませんよね。

お金を守ることはすなわち将来の選択肢を増やすこと。よって社会人の方にとって無関係では有りませんので今回取り上げてみました。

 

特に、日ごろどうしても浪費が多くなってしまい、また貯金できず困っている人に対して、その原因と対策を示してくれるため、是非とも聞いてもらいたいテーマです。

また、是非ディクテーションやシャドーイングの教材としても取り組んでみて下さいね(^^)


それではさっそく、学習を始めてみましょう(^^

おすすめのTEDトーク⑧ 「貯金を助ける3つのアイデア」

今回のおすすめトークはWendy De La Rosaさんによる「3 psychological tricks to help you save money : 貯金を助ける3つの心理学的方法」です。

 

それでは早速いつも通り、
①日本語字幕あり → ②英語字幕あり で再生し内容を理解したうえで、③字幕なしでディクテーションやシャドーイングをトライしてみてください。

英語学習教材としてのおすすめ度

3 psychological tricks to help you save moneyの評価
音の明瞭さ
(3.5)
音のスピード
(3.5)
語彙のレベル
(3.0)
テーマの面白さ
(4.0)
総合評価
(3.5)

※点数が高い方がカンタンまたは良い|低い方が難しいまたは良くない
という意味です。

少し喋りが早く聞き取りづらいかもしれませんが、典型的なアメリカン英語の言い回し・アクセントであるため、慣れるために取り組むには良い題材だと思います。

トーク自体も簡潔で長くありませんのであまり時間を掛けずにトライできるでしょう(^^

 

英語学習とお金の勉強、一石二鳥の効果を狙って学習にトライしてみて下さい!

トーク内容:貯金を助ける3つのアイデア

今回も、内容だけを手っ取り早く知りたいという人や理解の助けとして「貯金を助ける3つの方法」について下記にまとめておきます。

Rosaさんによると、誰しもが貯金は大切だとわかっているのにそれができない理由は、そのやり方がわかっていないことにあると言います。

貯金にまつわる全ての行動は賢さや意志の強さには関係しておらず、「環境要因」に寄ります。

この環境要因をコントロールして、貯金しようとする意志を実際の行動へとつなげる3つの具体的な方法を以下に説明して行きます。

アイデア1:あらかじめ決めたことの力を利用する

1つ目のアイデアは「あらかじめ決めたことには力があり、それを利用する」ことです。

 

人が何か行動をするときは、「2通りの自分」を考えます。

「今の自分」と「未来の自分」です。

私たちが「未来の自分」を考えるとき、その自分は退職に向けてちゃんと貯金するし、体重も落とせているし、理想的で完璧ですよね。

貯金するときも同じで、
お金が手に入ってから「今の自分」が貯金額を決めるより、お金が手に入る前に「未来の自分」だったらどれくらい貯金したいか?を考えて、あらかじめ貯金額を決めてしまうことで、しっかりと貯金できます。

 

ここで大切なのは、その自分との約束を守ること。これにつきます。

 

アイデア2:変化の時を味方に付ける

2つ目のアイデアは「変化の時を味方に付ける」ことです。

 

新年や新しい季節の始まりって、抱負を掲げたり行動するモチベーションが上がりますよね。

実際にビジネス広告を打つ時も、顧客にとって変化のタイミングを認識させるようにすると、購買行動に繋がる可能性が増すそうです。

これは心理学で「フレッシュスタート効果」と呼ばれるものです。

 

このタイミングを貯金に活かしましょう。

自分の誕生日の前日に予定をいれ、お金に関して一番やりとげたいことを考える時間とし、そしてそれをやり遂げましょう!

 

アイデア3:日々のちょっとした支出を管理する

最後のアイデアは「日々のちょっとした支出を管理する」ことです。

 

多くの人にとって、使ってしまって後悔する支出のトップクラスは、外食費だそうです。

外食費に限らず、そういった日々使ってしまっているけど無くても困らない、つまり「浪費」と言えるものを把握し、管理しましょう。

 

ただし、何に使っているか情報を把握しただけでは貯金に繋がりづらいと言います。

これを解決するためには「環境」から変えてしまうことです。

例えば、無制限に使えるクレジットカードの使用を控え、支出を抑えたいものに関しては残金が限られたデビットカードを使ったり、週当たりの購入回数に制限を設けるなどです。

 


これら3つの方法に共通して言えるのは、環境を変える、つまり上手く貯金できる仕組み作りをして、活用しましょうということです。

貯金の仕組み作り化のために、有効なのはスマホの家計簿アプリを活用することがおすすめです。

僕自身も重宝していますが「Money Forward ME」というアプリが非常に使い勝手が良く、少ない労力で収入と支出を見える化できます。

App Storeで「Money Forward ME」を開く

 

詳しい使い方に関しては以下のサイトを参考にして下さい。

家計簿アプリ『マネーフォワード』使い方完全ガイド。口座連携もバッチリ!

まとめ

もう一度、貯金を行うための3つのポイントを確認しましょう。

お金は生きて行くために、また全ての選択肢を増やすために、無くてはならない存在です。

全ての支出を切り詰めることは幸福度の低下にもつながりますので、浪費だと思うことから重点的に取り組むだけでも将来のための貯蓄となることでしょう。

 


今回の記事のように、TEDトークには非常に面白いプレゼンが沢山あります。

皆さんも興味のある色々な分野から、ディクテーションやシャドーイングの題材としたいトークを見つけ出してみてください。

またTEDトークに関する書籍も色々出ています。是非チェックしてみてください!


この記事が良かったり要望がありましたら、是非コメントお願いします!

今後も社会人の皆さんに一日一記事、役立つ情報をお届けしたいと思いますのでシェア・お気に入り登録して頂けますと嬉しいです(^^)

それではまた次回の記事でお会いしましょう!


ブログランキング参加中です。クリックして応援して頂けると非常に励みになります。また、そのほかの素晴らしい英語ブログも沢山ありますので是非覗いてみてくださいね(^^
↓↓↓


英語ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です