ブログランキング「ビジネス英語」部門3位! (9/8現在)

第17回 敬語表現:TOEICやビジネス英会話で必須の言い回し④「ビジネスメール」

英語学習編その17

この記事のはじめに

Nory
Nory
こんにちは!Nory(@nori_frog)です(^^)

これまで数回に渡ってビジネスやTOEICにて良く使われる敬語表現についてご紹介してきました。

今回は、「 仕事のメールでよく使う表現についてまとめたいと思います。

 

ビジネスメールにおいても良く使われる表現は決まっていて、フレーズを組み合わせることで様々なメールに対応できます。

 

今までの記事でご紹介した敬語表現もストックしつつ、自分なりのフレーズ帳を作ってどんどん表現を追加していくことでどんどんメール英作文がラクになります!

過去記事をまだ読んでないよという方は以下のリンクから読んでみてください(^^)

それでは今回も行ってみましょう!

敬語表現 ~「ビジネスメール」~

使えるメール表現

それでは早速、ビジネスメールで頻出する表現を一気にご紹介します。

今回も、親密度や案件の重要度に応じて表現を使い分けてみて下さい(^^

↓右にスクロールできます☆

No.フレーズ意味
1I appreciate your help with this.よろしくお願いいたします。
2We appreciate your kind consideration.よろしくご検討のほどお願い申し上げます。
3We welcome the opportunity to serve you again in the future.今後ともよろしくお願いいたします。
4We hope that it will continue well into the future.今後とも引き続きよろしくお願いいたします。
5We are sorry for this inconveninece. Thank you for your cooperation.ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
6Please pass on my regards to Mr. ~~さんにもよろしくお伝えください。
7Please accept this brief note to express our appreciation.取り急ぎお礼まで。
8I hope you will understand.どうかご理解下さいませ。
9I would like to ask for your understanding regarding this matter.何卒ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。
10We have our sincerest wished for ~~を心からお祈り申し上げます。
11We wish you all the best.今後のご活躍をお祈りしております。
12Best wishes for your further success.更なるご活躍を期待しております。
13It is our hope that we may continue to do business together for many years to come.今後とも末永いお付き合いが続きますよう願っております。
14I will let you know the details later.詳細はまた後でご連絡します。
15I will contact you again when ~.~たら改めてご連絡いたします。
16We await your reply.ご返信をお待ちしております。
17We look forward to receiving your ~.~を心よりお待ちしております。
18We look forward to being able to serve you again in the future.またのご用命をお待ちしております。
19Should another opportunity arise, please let me know again.またの機会がございましたら、是非お声かけ下さい。
20If we are able to assist in the other ways, we would be happy to cooperate.他の形でお手伝いできるなら是非協力させてください。

※上記の例の“We”は “I”でも構いません。

MEMO

1.日本語の「よろしくお願いします」に相当する便利な表現は、実は英語にはありません。
具体的に何か行動をして欲しいのか、今後とも取引をしたいのか、ただ感謝しているのか、それをハッキリと文章にすることが必要です。この場合は、「いつも取引をして頂きありがとう」を伝えるときの表現となっています。

2.appreciateを使って感謝しつつ相手に行動を促すパターンです。英文メールでは相手に何かして欲しい場合はこのような表現が良く使われます。

3、4.「今後とも取引をお願いします」パターンのよろしく表現です。

5.何か不手際があった場合の謝罪表現です。

6.send one’s regardsで「よろしくお伝えください」という意味になります。

7.「取り急ぎ」は日本語でも良く使うと思います。quick noteや hasten to などが良く使われます。

8.I hope を使って「どうか~して下さい」を表現するフレーズです。

9.I would like to ask を使って「どうか~お願いします」を表現します。

10、11.wishは「祈る」、all the bestは「ご多幸」「ごきげんよう」といった意味になります。

12.for many years to comeで「今後とも末永く」になります。

13、14.相手にまた連絡することを伝える場合の頻出表現です。

15、16.相手から連絡が欲しいことを伝える場合の頻出表現です。

17~19.またビジネスをしたいことを伝える場合の頻出表現です。

如何だったでしょうか?

ビジネスメールでは上記の丁寧表現を活用しつつも、相手に具体的に何をして欲しいのか、何を期待しているのかを伝えることを意識して書くようにしましょう。

 


なお、ビジネス英語で瞬間英作文を練習して覚えたいという人には 「いざというときのビジネス英会話辞典」がおすすめです。

この本もビジネスの場面毎に色々な表現が平易な単語と構文を使って書かれていますので、英作文トレーニングに最適です。

以前の記事でも詳しく解説していますので、以下のリンクから見てみて下さいね(^^

英語学習編その10第10回 ビジネス英会話力UPに最適なおすすめ教材

 

この記事が良かったり何か要望がありましたら、是非コメントお願いします!

今後も社会人の皆さんに一日一記事、役立つ情報をお届けしたいと思いますのでSNSでシェア・お気に入り登録して頂けますと嬉しいです(^^)

それではまた次回の記事でお会いしましょう~

created by Rinker
¥2,090 (2019/11/15 10:13:45時点 楽天市場調べ-詳細)

 


ブログランキング参加中です。クリックして応援して頂けると非常に励みになります。また、そのほかの素晴らしい英語ブログも沢山ありますので是非覗いてみてくださいね(^^
↓↓↓


英語ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です