ブログランキング「ビジネス英語」部門3位! (9/8現在)

第1回 英語上達に必要な2つの行動 と 1つのマインドセット

英語学習編その1

この記事の はじめに

Nory
Nory
こんにちは!サラリーマンでメカエンジニアのNory(@nori_frog)です(^^)

僕は学生時代、物理が一番好き、英語が一番嫌いな教科でした。

 

なんとか大学受験は最低限のレベルで大学には行けたもの、英語アレルギーで英語から常に逃げ続けてきました。

このブログでは、そんな僕があるきっかけを境に徐々に英語力を伸ばし
海外の設計拠点で、外国人の同僚と顧客に対して対等にコミュニケーションが取れるようになった過程について
同じく英語に苦手意識を持っている全ての社会人にお伝えしたいと思います。

 

このブログでお伝えする英語学習方法は「 忙しい社会人でも時間効率・金銭的効率を最大化して最短距離で使える英語を身に付ける」という観点で説明していきます。

 

英語が既に得意でTOEICが900点↑という方には参考にならない部分もあるかもしれませんが、言語習得のメカニズムなど可能な限り全ての人に当てはまるよう、重要なポイントをお伝えしていきます。

本ブログで紹介するステップは僕なりにやり方を確立し 効果を確認しながらここまで進めてこれた方法ですので、
特に、次に当てはまる方には今後紹介する方法をお勧めできると思います。

  • 漠然と英語を伸ばしてペラペラになりたいけど何から始めたらいいかわからない。
  • 英語のメールは何とか掛けるけど、
    いざ外人と話す機会があると何も喋れなくなる。
  • 何を言ってるかも聞き取れない。悔しい。

僕の目指す英語はTOEIC満点では無く、あくまでビジネスや日常生活で「話せる英語」です。

お金や時間のない社会人が効率的に成長し、外国人と対等にコミュニケーションが取れるようになるための過程をまとめて行きますので、参考になれば幸いです。

また、いいなと思った教材・コンテンツもどんどん紹介して行きたいと思っていますので、
共に英語学習を頑張って行きましょう(^^)

 

初級者が英語学習するうえで最も大切な2つの行動と1つのマインドセット

具体的な方法をご紹介する前に、まず知っておいて欲しいこと、
それは、英語学習をするうえで一番大切なのは『継続』であり
そして、学習初期段階において次に大切なのは『反復』だと言うことです。

たぬきくん
たぬきくん
そんなのあたりまえだよ!
でも、その行動が続かないから英語が出来てないとも言えるかも…
きつねくん
きつねくん

英語学習において、楽して簡単に、いつのまにか習得できるなんて方法は存在しません。

なぜならば言語というものは繰り返し触れて(=時間を捧げ)、その対価として身に付くものだからです。

ただし、それでも効率的な方法をもって、最短距離で身に付けることは可能です。

 

上達にはどれくらいの時間が必要か?

英語に普段あまり触れていない日本人が英語を使えるようになるには、
適切な方法で学んでいたとしても多くの時間が掛かります。

なぜなら、英語と日本語は残念ながらあまり共通点がありません。

中国語など、日本と近い国の言語を学ぶより、多くの時間が英語には必要であり、
日常生活に差し支えないレベルになるには約3000時間掛かる とも言われています。

僕もヨーロッパに仕事で数年間住んでいましたが、彼らの言語は近隣国であるイギリスの言葉のエッセンスが多分に織り込まれています。
よって、ヨーロッパ人は比較的少ない時間(1000時間以下)で話せるレベルになるわけです。
(余談ですが、逆に言えば英語が話せるようになれば、北欧地域の言語は比較的簡単に話せるようになります。)

日本人にとって、楽して英語がペラペラになれる、そんな方法は存在しません。

ではどうやって英語を自分の血肉とするのか?

そのために、 最も大切な行動が『継続・反復』です。

常に英語に触れ、自分の脳に何回も同じデータをインプットし、忘れてしまう前に何度も何度も再インプット&アウトプットすることで、記憶がどんどん強固なものになっていきます。

記憶に関しては、以下の記事でも詳しく解説をしていますので、併せて見てください(^^

学習を『継続・反復』させるために必要なこと

そして、 『継続』させるために最も必要なのが、強い『動機付け』を自分の中に持つこと。
つまり『ありたい理想の自分』をしっかり描くことです。

  • 英語学習が面倒臭い。
  • やってもやっても成長が実感できない。

など、途中で英語学習を挫折してしまう人のほぼ全ては、ありたい理想が強く描けていないことに起因します。

言い換えれば、心のどこかでなれなくても良いやと考えてしまっていると言えます。

 

継続するためには、人は自分の願望(=ありたい姿)のために
”主体的に”学習することが大切です。

”やらされ感”では継続できず、少なくとも劇的な上達は見込めません。

日々英語学習を続ける中で挫折しそうなときは、立ち止まって、

  • 自分はなぜ英語を勉強しているのか?
  • どんな風になりたいのか?

をときどき自問・再確認し、継続への力と変えることが大切です。

 

継続が大切なのは英語学習に限らず、仕事でも資産運用でも、その他趣味でも同じです。
このマインドセット無しには全て習慣化できず、どこにもたどり着けません。

マインドセットに関してはまた別の記事で、僕自身の経験も交えてご紹介したいと思います。

 

まとめ

この記事のまとめ
  1. 英語は言語であり、身に付けるためには約3000時間必要。近道はない。
  2. 『継続、反復』することが最も重要な行動。
  3. 『自分がなりたい姿』を強くイメージすることが継続するための原動力となる。

初回は具体的な方法論ではありませんでしたが、勉強法を覚える前に、この考え方を持っておくことは非常に重要です。

英語学習だけでなく、趣味や投資なども時間を味方にした『継続』が大切です。
これが揺るがないよう、常に原点に立ち返ってみて下さいね。


この記事が良かったり要望がありましたら、是非コメントお願いします!

今後も社会人の皆さんに一日一記事、役立つ情報をお届けしたいと思いますのでシェア・お気に入り登録して頂けますと嬉しいです(^^)


ブログランキング参加中です。クリックして応援して頂けると非常に励みになります。また、そのほかの素晴らしい英語ブログも沢山ありますので是非覗いてみてくださいね(^^
↓↓↓


英語ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です